国土交通省では、住宅の省エネルギー化を推進するための体制を強化する事業として、
平成24年度 から住宅市場技術基盤強化推進事業として、木造住宅・木造建築物の性能
及び生産性向上等のため「住宅省エネ化推進体制強化事業」を推進しています


この事業の中で、新築住宅における省エネ基準適合率を平成32年度までに100%とすることを目的とし
地域の木造住宅生産を担う大工・工務店を対象とした住宅省エネルギー施工技術講習会を各都道府県
単位で行い、最終的に20万人の大工技能者の養成を目標としています。

以下は、当事業の全体の概要となります。

「住宅省エネ化推進体制の強化」の取組内容の概要

住宅関係団体等で構成する「全国木造住宅生産体制強化推進協議会(全国協議会)」と「愛知県木造住宅
生産体制強化推進地域協議会(地域協議会)」が連携して、住宅の省エネルギー化に向けて以下の取り組みを行います。


 
実施項目

住宅省エネ化推進地域講習会の講師推薦

住宅省エネルギー施工技術者講習会の実施
大工などの技能者を対象とした「住宅省エネルギー技術者講習会」を実施します。
講習会受講者に対し考査を行い、合格者には「住宅省エネルギー技術者講習会修了証」または、「住宅
省エネルギー設計技術者講習会修了証」を発行します。

大工技能者、工務店等への情報発信
大工技能者、工務店等へ住宅省エネルギー施工技術者講習会の開催状況及び省エネ施工に関する情報
を発信します。

大工・工務店による省エネ住宅の生産体制の実態把握等調
効果的かつ効率的に施策を実施するため、各地域における大工・工務店による省エネ住宅の生産体制、
普及状況等の実態把握のための調査を実施します。